日本語教師の講座を受けよう|あなたの為になる

英語

選択で数字変動があります

英会話教材として、CDで会話を聞きながら、自分も口で繰り返して練習していくタイプのものが多く利用されています。価格は大体数千円程度での購入が可能です。他にも、インターネットを利用して、人との対面形式で活用できる方法があり、費用は利用者の選択内容により変動する仕組みを有します。

働きながら目指す

レディ

学校の選び方

日本語教師になるには、日本語教師になるための講座を受講しなければなりません。大学で専攻、副専攻するという道もありますが、そのコースを選択する人は稀です。大概は民間の日本語教師養成講座の420時間コースを受講します。これは半年から1年かかるコースで、受講費用は50万円〜60万円程度かかるようです。週5日で半年、週2〜3日で約1年かかるようです。週5日は仕事を辞めて本格的に短期で学びたい人、週2〜3日は夜間学びたい人に向いています。中には週1のコースもあり、これは1年半から2年かかりますので、時間に余裕はない人、ゆっくり学びたい人に向いています。日本語だけでなく、海外の文化、文字の成り立ち、海外情勢など幅広く学びます。教育訓練給付金制度を活用すると授業料が安くすみます。所定の手続きをすると受講料の約20%が還元されます。日本語教師の講座を選び際は、実践形式の授業をする講座を選びましょう。その方が、実際に授業をする際に役立ちます。実際人気の高い日本語教師養成講座は実践形式を中心にしています。そのほか、日本語教師養成講座を受講して修了すると、一応その資格があるとして教師として採用れやすくなりますが、日本語教育能力検定試験を受けて合格すると、その実力がはっきりと証明できるため、さらに採用に有利となります。その日本語教育能力検定試験の合格率が高い講座も狙い目といえるでしょう。その他、授業振替やカウンセリング、就職サポートなどサポート体制が整っている講座の方がいいといえます。

英語と本

資料で確認もできます

英会話をスクールで学ぶ場合、各スクールの情報収集を行っておくと、気になる点を確認・比較する事ができます。スクール選びにおいては、自分の現在の生活状況や仕事の環境などを参照しながら、スクール側が対応できるのかを確認する事も重要です。

男女

試験対策の準備

語学の資格習得のために英語を学習する場合には、試験の傾向を掴むためにも、過去の問題集などを選択すると役立ちます。 語学学習として利用の多い英語の教材は、内容に自然に引き込まれる工夫もされているものがあります。資料請求をし、利用の有無を考査する事が可能なものも見られます。

こちらもおすすめ

  • 話題の英会話教室をピックアップ!【東京・丸の内・銀座編】

    英会話教室なら東京で探してみませんか?英語が話せるようになるとカッコいいですし、将来の可能性も広がります。